うっかり日記

うっかり者の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDA王滝5月100km(備忘録)

もうすぐ5月の大滝から1ヶ月。忘れないうちにメモを残しておこう。

車両
フレーム:Charge_Bikes Blender steel
フロントフォーク:FOX FLOAT RLC 120mm(2012)
クランクセット:Truvativ Hammer Schmidt AllMountain 170mm 36-22T
ボトムブラケット:Truvativ HammerSchmidt AM Bottom Bracket 68/73mm
Fディレーラ:クランクと一体型
Rディレーラ:SHIMANO XT(RD-M780-SGS-L)
カセットスプロケット:SHIMANO XT(CS-M771-10) 11-36T
フロントシフター:SRAM Hammer Schmidt X.O Shifter 
リアシフター:SHIMANO XT(SL-M780)
ブレーキレバー:SHIMANO XT(BL-M785-L)
ブレーキキャリパー:SHIMANO XT(BR-M785-L)
ブレーキパッド:SHIMANO メタルパッド フィン付き(F03C)
Fブレーキディスク:SHIMANO XT 6穴ボルト180mm(SM-RT86-M)
Rブレーキディスク:SHIMANO XT 6穴ボルト160mm(SM-RT86-S)
Fディスクブレーキアダプター:NSB POST_MOUNT 180mm red
Rディスクブレーキアダプター:NSB IS_MOUNT 160mm red
ハンドル:CHROMAG OSX 760mm
ステム:THOMSON ELITE X4 50mm/0°
ヘッドパーツ:CHRIS KING 2010 red
グリップ:ERGON GA1 EVO white
エンドバー:KUWAHARA Metal_Mushroom2 red
サドル:CHROMAG TrailmasterDT white(2010)
シートポスト:THOMSON elite 27.2mm 330mm
シートクランプ:CHROMAG Seat QR 30mm
Fハブ:HADLEY DH 15QR FRONT HUB RED 32H
Rハブ:HADLEY Rear 135mm Red 32H 72
スポーク:DT champion Spoke Blk 2.0
リム:Transition Revolution 28 Rim Black 32H
タイヤ:MAXXIS CROSSMARK 26×2.25(front,rear)
ペダル:XT PD-M785 SPD
クリート:SM-SH51(シングルリリース)
サイコン:Garmin Edge 500 Red HRM and Cadence Bundle
重量 14kg
フロントフォーク空気圧5.5
タイヤ F2.0 R2.0
レース前にフロントフォーク、ヘッドパーツ、ハブ、チェーンは分解、洗浄済みだったが、浜趣味はほったらかしでした。帰ってグリスアップしたら、心地よい作動音に♪手抜きは如実に音に現れますね。大滝前後は出来るとこまで分解&洗浄&組み立てが吉です。
タイヤは消耗したらmaxxisのiconを試してみたい。

服装
パールイズミ
・ジャージ:メンズ コールドブラック & シームレス ジャージ 370B 1 ホワイト M
・パンツ:メンズ コールドブラック & シームレス ビブ パンツ T2923DNP 2 ブラック/カーディナルレッド M
・アームカバー:コールドブラック アームカバー 401 1 ブラック M
・レッグカバー:コールドブラック レッグカバー 411 1 ブラック M
・メンズ ウィンド ブレーカー 2385 4 カーディナルレッド M
FOX
・ヘルメットFox FLAX (ML)
・グローブ MC用
ゴールドウィン
・マキシフレッシュスカルキャップ
初めて自転車用のウエアで参加。風によるバタツキも無く、アーム&レッグカバーも思ったよりも涼しい。
初めから夏用の長袖でもよかったかも?w
早朝のスタート前にはウインドブレーカーを着ていると丁度よかった。念のためレース中も携帯していたが、今回は使用しなかった。

携行品
・DAKINE Drafter(バックパック)
蒸れない、背負いやすい。普段の林道日帰りツーリングは良いのだけれど、大滝の様な永遠砂利道だと振動&重さで腰痛の元。タイヤの空気圧と重量の軽減(背負う水を1L以下にするなど)で対策できるか?

工具類
チューブ:MAXXIS FR143 26x2.2~2.5
・インフレーター:トピーク Mini Morph(MTB)別のカバンに収納
・タイヤパッチ:トピーク レスキューボックス(パッチ×6、コネクトピン、ミッシングリンク収納)
・コネクトピン:SHIMANO CHAIN CONNECTING PIN for 10 Speed
・ミッシングリンク:KMC Chain Connectors
・チェーンカッター:TL-CN23
・チェーンコマ:(4コマ)
・ミニツール:PB 470 KIICHI CN(+1,2 HEX2,3,4,5,6 T5)タイヤレバー×2
・サドルバッグ:リクセンカウル マイクロSL
工具類はすべてサドルバックへ収納。
レース後、未使用のスペアチューブを調べたら振動で他の同梱物と擦れて穴が開いていた(汗)今後梱包には十分注意!!


捕球食
・ハイドラパック(3L用)1.5分水とCCDを3袋。
・ソフトジェルフラスク 6本+水適量で伸ばす。
・ハイドレーションバッグ2.5L(スタート時1.5L補給1L)
・CCD計5消費(スタート時3 補給2)
・ハニースティンガー(ジェル) ゴールド6 アサイー6
・ハニースティンガー(ワッフル)2
・炎熱サプリ6
・ヴェスパ粉末 2


後半は、CCD×2の代わりに、クエン酸&BCAAでも良いかも(3つ持って行く)?分封が小振りの為、携帯性も良い。水は背負うなら1L以下。
ソフトジェルフラスクは上を向かずに補給できるので、走行中の摂取が楽。中身を水で伸ばす事を忘れずに!
ワッフルはバータイプよりも咀嚼し易く、食べやすい。もう一枚持っていこうかな。
ジェルは必ず水で伸ばす!ジェルを飲み終わった後は、水筒代わりに使用。(ボトル1本の時)
炎熱サプリ 6 練習不足の為、それでも足はつりそうになったw
ヴェスパは飲んでるから大丈夫感が強かったw(効かないというより、オイラが鈍いだけけかも)
シートポストにボトルホルダー追加も良いかも?トピークのCage Mount+ボトルホルダーが良さそう。
ソフトジェルフラスクを携帯する場所を考える。ボトルのみならバックパックは背負わないので、ジャージのポケットに入れる。

100円ショップのサッシブラシが掃除に便利。ペットボトルの口に取り付けるタイプもあって、水場が遠くても流しながら洗える。次回王滝の洗車に使用予定。

9月も完走できますように(`・人・´)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ukkari667.blog.fc2.com/tb.php/41-666a79ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。