うっかり日記

うっかり者の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドレーションバッグ(使用感)

DAKINE Drafter前回のONGRで初使用。
まず、蒸れない!この事につきます。平均気温24℃であるにもかかわらず、背中は熱が籠もる事がありませんでした。
R0011231_R.jpg
これだけ背中との隙間があります。
R0011232_R.jpg
背中の接触面はネット状です。

背中の熱が抜けない。
体温が下がらない。
汗を掻く。
水分が必要。
重量増。汗をさらに掻く。

このループから抜けられそう。

背負うときは、フレーム(かな?)が首、肩に当たらない辺りに背負うのが個人的なコツです。
あと、ホースをクリップに挟みっぱなしだと、ホースが折れて吸い辛かった。
R0011236_R.jpg

しかし、クリップの位置を上下に調整して折れ曲がらず飲める位置に調整できました。
R0011238_R.jpg

各種ポケットは便利。サングラス専用ポケットはメガネケースの様な生地が内側になっていて、裸のままサングラスを入れられます。
R0011239_R.jpg

各種小分けできるポケットも、入れる物を決めておけばうっかり忘れ物もしないハズ。
R0011240_R.jpg

脛当てとヘルメットをセットしてみました。ヘルメットはフルフェイスも収納可能です。
R0011244_R.jpg


荷物を整理しやすく背中も蒸れない(注:ネット状の背面は2013年のDrafterのみです)DAKINE Drafter。おすすめです!
スポンサーサイト

ハイドレーションバッグ

自転車に乗る時間が作れないので、物欲に走ってます。。

あまり遊びに行けませんがお世話になっているお店、神保町のG武さん。
店に入るとK井さんは電話応対中。
ここはついつい財布の紐が緩くなる場所とわかっているのですが。
入ってすぐの所にぶら下がっていましたハイドレーションバッグに注目。
おぉ、こ れ は!?
背中がカバンの本体から浮いているのです。
R0011195_R.jpg

僕はシゲピンさんと同種の暑さに弱い生き物なので、人間のラジエターなる背中は風通しをよくしたい。この事で、王滝では自転車のフレームにバッグを取り付けていました。
でもこれなら蒸れないし、転んだ時も背中を守ってくれるかもしれない。とか家庭向けの言い訳を考えて購入。

DAKINEのDRAFTERです。
R0011194_R.jpg

中身も小分けポケットがいっぱいあるし、整理もしやすい。
サングラスポケットから、保冷ポケット(あんまり使わないかも。。)まであります。
ヘルメットもハーフ、フルフェイスまで収納可能。下のストラップでプロテクターなども携行できます。

ぼちぼち、乗る時間を増やしていかないと、エントリーした5王にまにあわなひ。。

ビンディングペダル

MTBで王滝100kmの時に初投入したビンディングペダル、クランクブラザースのマレット3。
カラーもお気に入りだけど、靴が外れにくい。。。

やましたさんから拝借した、シマノのSPDペダルの相性が僕にはやはり合うみたいで購入。
インターフェースはやっぱり大事。しっくり来ないと楽しめません。。というわけでXT PD-M785 SPD購入しました。
R0011214_R.jpg


クリートはマルチリリースのSM-SH56です。
R0011197_R.jpg

SPDシューズを2種類のサイズを比べて見ましたが、やっぱりテンション調整ができるシマノが欲しくなりました。

比較的立って乗ることを重視しているので、おそらく踏み心地がしっかり感じられるであろうトレイルモデルを選びました。まあXCモデルよりも重いのですがw
R0011216_R.jpg
5王まであまり時間がありませんが、慣れるためにも走りに行きたいと思います。

携帯工具

携行品

今までは適当にバッグに適当に放り込んでいるだけでした。
ロードバイクでは、MTBよりも荷物を持たない方向で考えなければいけないと思いました。
この事によって携行品の整理を考え始めました(遅)
R0011087_R.jpg
・チューブ:Vittoria 700×19-23 51mm(ロードバイク)
       MAXXIS FR143 26x2.2~2.5(MTB)
・インフレーター:TNi CO2インフレーターボンベセット(仏米共用、ボンベ×2本)(ロードバイク)
          トピーク Mini Morph(MTB)別のカバンに収納
・タイヤパッチ:トピーク レスキューボックス(パッチ×6、コネクトピン、ミッシングリンク収納)
・コネクトピン:SHIMANO CHAIN CONNECTING PIN for 10 Speed
・ミッシングリンク:KMC Chain Connectors
・チェーンカッター:TL-CN23
・チェーンコマ:(大杉、4コマくらいにしよ。。)
・ミニツール:VICTORINOX クラシック(主にGARMINのセンサーを起こすためのプラスドライバー)
・マルチツール:KTC マルチツール 4システム HLM04 プラスNo.2ヘキサゴン4、5、6mm)
・タイヤレバー:シュワルベ
・カギ:ABUS LOCK CHAIN COMBINATIONS 1200(650mm)
・ガムテープ:カードに巻いて収納。
これらをツール缶、もしくはサドルバックに入れて携行します。
R0011084_R.jpg
ツール缶はエリートのビアーシ、中にカップが一つ入って区切れるのですが、上記の工具を入れるとカップを入れないでちょうど良い量なので、宝の持ち腐れな感じが。。
R0011085_R.jpg
サドルバックはリクセンカウルのマイクロSLです。サドルバックはチャックが振動で開きそうなので、対策しなければ。
R0011089_R.jpg
リクセンカウルのサドルバッグを使用していたきくかわさんが、ドロッパーポストを使用するにはコレがポストに干渉しない事を教えてもらいました。いつか、僕もドロッパーポストを入れる事を妄想し購入してみましたw
もしも~はあると便利!などありましたら、教えてください。よろしくお願いします。

ハンドルミラー(ロードバイク)

ロードバイクにまだ乗り始めで、みんなの自転車に興味がある昨今、これいいな~と思うものがありました。ハンドルミラーです。でも、なるべく空気抵抗は少ない方がいい。で、探してみました。
R0011077_R.jpg
(有)富士彫刻工業所のバーエンドミラーです。
R0011079_R.jpg
取り付けはハンドルのエンドパーツを引っこ抜いて、差し込むだけ。はめ込み具合の調整は両面テープを巻いたりして調整する。ちょっと落っこちそう(汗)
R0011081_R.jpg
次回、走行時に角度を調整しながら使用感を確かめてみます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。