うっかり日記

うっかり者の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルキャリア

我が家の2001年式レガシィBHに合うキャリアベースを探すのに手間取りました。
なんせ15年くらい前の車のルーフレールなので。今は絶滅している型です。

ベースはinno、サイクルキャリアはthule598が某所で半額近くだったので。。ポチってしまった。

ベースはネジ止めだったので、久しぶりの出番ロックタイト(中強度)を引っ張り出して固定。
トルク管理もしっかりと。
サイクルキャリアは取り外しが簡単なので普段は家で保管。

R0012517_convert_20170122205945.jpg

R0012523_convert_20170122210116.jpg

私的にフォークマウント型と、フレーム保持型では、

メリット
前輪を外さないので、その分車内が広く使える。
出発、撤収準備が楽。泥だらけでも(゚ε゚)キニシナイ!!
乱立するフロントアクスル規格を気にせずに済む。

デメリット
前輪がついてる分重い。
自転車を載せた高さがフォークマウントタイプよりも高い。
積み込み時もバランスが高いので注意が必要。
試した自転車では大丈夫だけど、フレームの形によっては積載できないかも?

心配事はカーボンフレームを挟み込む部分が強すぎないかという事。
メーカーではカーボンフレームプロテクターTH984を(別売りだけど)販売してました。
これもキャリア台数分購入。
これがよくできていて、10センチ位の長さでの板にゴムを合わせてあります。
それをゴム紐でフレームに巻く感じ。

クランプ部の蜂の巣の様な形のゴムの緩衝部分と合間って面荷重になります。
締め付けダイヤルは規定トルクになるとが空転するようになってます。

個人的には特にロードやクロカン系のカーボンフレームに、このプロテクターは必須だと思います。

自分のロードバイク、フルサス、24インチハードテイルを試しに乗せて試走しました。走行中、時々サンルーフで確認しましたがガタは皆無です。

thuleの出来に関心して3台積みにしたいw
リアハッチに1台積み込めば4人分。往復の時間も楽しくなりそう。

あとは高さ制限のある所を気をつける位。。サンルーフは開けっ放しで走ろう。

来年の11月の車検までに、車もなんとかしたいな。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。